優しさ

なんだか湧きあがる気持ちがあったので。

 

すきだーすきだーー。

 

今日会社の上司が、すごく優しくしてくれて。

うまく言えないな、私に対して優しい気持ちを持って接してくれる。

最近職場で自然に過ごせるようになることが多くなってきてたのに、今日久しぶりにまた恐いというのが出てきた。(あ、ちなみに自然に過ごせると、いろいろうまくいく!仕事の能力も上がるし、人づきあいもあまり悩まない)

そういう時に、優しい気持ちで、変にフォローされるでも寄ってこられるでもなく、温かい気持ちを向けてくれる。その心遣いの、なんと嬉しいこと。

今までぎくしゃくしたこともあったし、もう心閉じられたな、とか、びびられたこともあったけれど、自分なりに誠意を持って接してきて良かった。良かったなあ。

 

あと、音楽活動のメンバーもすきだすきだー。

優しい気持ちを持って接してくれる。同じ優しさ。

心軽やかになる。

 

感謝!

つまみ食いも減った!応援もしてくれている!

個人的に小さい快進撃の連続なのです。

テンションのままに書きます。

 

つまみ食いも減った!

ここ1年、わりと、ずっと、食後にパンを食べるという生活を送っていました。

辞めればいいじゃんという感じですが、できなかった。

でね、これ、まあ「辞めよう」と決めて、辞めるというのも一つの手段。

けど、私は、ここ2日ほどの出来事ですが、「気づいたらつまみ食いに関心がない状態になっていた」んです。

 

なぜなら、満たされているからです!

今までは満たされていないから食べていた!その不安を解消するかのように。いや、分かっていたけれど、やっぱり本当にそうだったんだなーと。だって私無理してないし決めてもないけど、なんかお菓子ほしいって今までほど思わない。

それで、なんで、満たされているかというと、前の記事に書いた、音楽活動がうまくいったこと、そこで自分を出せたことが大きくて。あと、そこで今までよりもっと仲間と近づけたことが嬉しくて。なんだか、他のことがそこまで気にならない。嬉しくて、嬉しくて。

 

今日美容院に行ったのですが、そこでも嫌いなことは嫌い!と言える(映画の話です)気持ち良さ。

私、好きなものも好き好き言いたいけど、嫌いなものも嫌い嫌い言いたい方だったんだと改めて実感。

とても、気持ち良い。良い時間であった。

 

 

エステにも行ったのですが。

エステの担当してくれる人が、本当にいつも親身にかつバッサリといろいろ指摘してくれるのですが。

今日言われたことは、本当に最近の私の課題のことであった。

口癖「今はいいや」があって、私は、頭で分かっていても行動していないことが多いということ。

「そこじゃん!」て。

「現状を踏まえて、それで、進んでいくのと、何も知らずにただ進んでいくのどっちがどうだと思う?」

「例えば、美容院に行って、『あなたはこういう髪質で、こういう肌色で。だからこういう髪形がいいよ』って言われてそれでできた髪形に満足する?そうじゃなくて、自分でこうしたいっていうのがあってそのサポートとしての美容院だよね」と。

今の私の課題のようなものを客観的に見れた感じがした。応援を感じた。

 

 

もっともっと自分になろう。

 

 

スムーズとは

f:id:starrainn:20170215215752j:plain


行きたいライブがあったんですが、仕事で遅れそうだし諦めてました。その後に、その日に友達と飲みの予定を入れたりして、全然もう行く気はなかって。


そしたら知り合いから「チケット余ってるから行かない?」と連絡あり。

「でももう友達との予定入れてるから無理だー」と返して。友達の予定を断るほどではないかなと。

そしたら、友達から連絡があって飲みは急遽キャンセルに。ライブに行けることになりました!遅れるけど行こう!


物事がスムーズにいくってたぶんこういうことなんだなあ!不思議な気持ちです。

ささいなことだけど。音楽で。

f:id:starrainn:20170213191551j:plain

 

個人的に嬉しいことがありました。

私趣味で音楽活動をやっていて。前回の練習の時は全然できなく、アドバイスをもらった。

 

アドバイスは参考にした。アドバイス自体が「今のあなたにあったスタイルでいくのが良い」というものだった。

それでも気分が乗らなくて、個人練習をかなりさぼった。

今までは高みを目指してストイックに練習していた。

今回は、気が向いたときだけ練習した。前回の半分くらいだと思う。

今の自分の実力を明らかにして、認めて、その中で「合わせるためにはどこが妥協できるか。どこを練習をすべきか」を考えた。心の中では、「こんな簡単にしてしまってもいいんだろうか」「きっと手を抜いたとか練習してないなとか思われるんだ…」とかビビりつつも、実行してみた。

 

そしたら、意外や意外!褒められたのです!うまくなったね、って。

嬉しい…!し、楽しい。必死になって音楽してた時より、楽しい。

 

自分のままで進んだ方がいろいろスムーズに行くんだ、と感じた日でした。

記録

ただのオンナになる、について。


明らめるというのができなくて、できないと思い込んでいて、

それで真穂さんから言葉を頂きました。


できました。

なんか、できました。

難しいことではなかったし、やればいいだけだった。


そして、明らかになったものは、へどろのようななめくじのようなどろどろしたぬめーっとした物体のようなものでした。

言葉にしたら、行動しない自分、受け身な自分、怠惰な自分。

それは知ってたけど、知ってたけど見ないフリ、横目でチラッとみるだけ。言葉にするとまだきれいになってしまうんだけど、そうではなくて、私の中に存在するのはなんかやっぱり、ぬめーっとどろどろっとしてるのです。のそのそと移動してる…。そんな感じ。


それでどうするか、さくっと行動する。自分を愛すための行動ならば、さくっとやる。

自分を愛すための行動をさくっとやる。


さよなら

今までの自分よ、さようなら。

今までがあったからこそ、今がある。

たくさん、やってきたね。頑張ったね。

たくさんの人に助けてもらったし、有難く思っている。

 

「これくらいでいいや」なんて自分に対してしない。

私は

「このくらいかな」と思って今の仕事を選び、今の生活を選び、そういうことを最近ずっとしていた。

充分に生きる。そして充分に生きている人たちと付き合っていく。

 

最近、いろいろと自分と向き合って、

心境の変化はいろいろあって、

でもどれも言葉にうまくできない。

イメージだけ湧いて、どうするかがまだ具体的に出てこない。

 

 

グレープフルーツジュースと記録

f:id:starrainn:20170205083524j:plain

 

今朝、台所にグレープフルーツがあるのを見て、「グレープフルーツジュース飲みたいな」って思ったんですよ。それを瞬時に、言葉ではなくて「でもいいや後で」とか「思ったことは思ったこと」みたいにかき消してた。ここ最近ずっとビタミンC欲しいと思っていたのに。

そこでふと疑問に思って。

「ん?グレープフルーツがある→グレープフルーツジュースが飲みたい。

 じゃあ、作ればいいじゃんね!」

絞ること3分ほど。ジュースはとてもおいしかったです。

 

これは、自分にとって実際の体験の中にある大きな気づきで。

自分のパターンを改めて感じて。

どれだけのことを見ないことにして、ないことにして、できないこととしてきたか。

何かをしようとふと思って、それはまるで夢のように捉えているけど、実現できることはとても多いのに。

あと、徐々にやらなきゃとか。いや、案外パッと変えれることも多いのに。

 

 

 

話は変わって。いろいろ思いついたことを書いてみる。

ここ半年くらい、怒りというのが私の課題でして。

もう何もなくても怒りが湧いてくることもあったし。

ただただ、今まで職場などでは怒りは抑えていたから、もう溜まりに溜まってたんだろう。

で、最近は怒ったままにしてみている。それってすごい疲れる。

当分こういうことを続けていこうと思います。何度も言うけど自分の感情を大切にする。見る。

 

そして、その時気づいたんだけど、私この仕事好きじゃなかった!

一方で無難だと感じる自分がいて、良いこともあるしなあと感じる自分がいて、

一方でもう嫌だ嫌だ嫌だ嫌だと感じる自分がいる。

 

自分の気分が分からなくなったら音楽を聴いていて、しっくりくるものがあればそれ。

なんかどれもしっくりこないと思ったら、激しい曲がしっくりきたり。自分もそれだけそういうエネルギーを出している(持っている)ということ。

最近トーンについて考える。良いトーンでいたい。