すきだ

f:id:starrainn:20170308224641j:plain

 

軽やかで

優しい気持ちで接してくれて

無邪気で

嬉しそうに話してくれる

さらっと声かけてくれる

軽い気持ちにしてくれる

 

すきだなーーー

今日できたこと


海の見える街

本日はこの曲を聴きながら。なんだか切なくて前向きな気分になる。

 

望みを叶えるとか願いを叶えるって魔法じゃなくて普通のことなんですね!

なんか実感として分かってきた気がする。

私やっぱり「今はいいや」が癖になってたみたいで、それをなくしたら行動しやすい。

小さなことでも自分の願いを叶えるとやっぱり嬉しい。そしてなんだか清々しい。

 

今日ひとつ叶えたこと。

退職した人に挨拶できずじまいで後悔してた。

今日、直接じゃなくて伝言という形だけど、「本当にありがとう」の気持ちを伝えました。

それは自分にとって勇気がいることだったけど、それができて良かった。

 

もうひとつ叶えたこと。

この曲を聴いていたら、猛烈に楽器が吹きたくなったので、さくっと吹いた。

なんか、良いね!

 

本日は満足です^^

皆が夢を叶えてくれている!

f:id:starrainn:20170226132509j:plain

今気づいたのですが、皆が夢を叶えてくれている!

いや、なんのこっちゃと思うでしょうが。

そしてまた趣味の音楽活動の話ですけど。

そもそも活動自体も誘ってくれて始めたものだし。

今、やっている曲、そういや、このアーティストの曲やりたかったんだ、アコースティックやりたかったんだ、死に向き合うということもやりたかったんだ。全部忘れていたし、曲自体が自分が普段聴かない曲だったから気づかなかったけど、今、音楽を聴いてハッとなった。


あー!すごい!

なんて!


思わず涙ぐみそうになった。



最近の頭の中

最近あったこと。

 

行きたかったLIVEにひょんなことで行けるようになった。

けど、行ってみたらびっくりするほど楽しめなかった。願いは叶ったけど、その願い自体が自分の満たされる感じとは違っていた。

皆が熱狂している中「あれ?念願の生演奏が聴けてすごい楽しめるはずだったのにな」と違和感を持ちながら、途中で帰りました。

理由について考えてみた。

仕事後で疲れていたこと。

ライブ前に少し嫌なことがあったこと。

そもそもライブハウスの雰囲気って基本的に好きではないこと。

一人で音楽に浸るのが好きだったこと。だから家や移動中に聴く方が案外楽しめたりする。(でも、生の良さはもちろんあって、例えば東方神起のコンサートではすごく心動かされたりするし、アマチュアのセッションを聴いた時にその時の不安が浄化されたり幸せを感じたりとかしたこともある。たまたま今回のバンドが案外好みじゃなかった、今の自分と違っただけである)

あと嫌いなものが分かった!私は何かに団体で熱狂している感じが嫌いなんだ。「〇〇県人だからこの球団が好きなのが当たり前だ」みたいな同調圧力じゃないけど。

 

私はまだまだ「普通」にしがみついてるんだなあとも。

今回で言えば「LIVE=盛り上がる=楽しめる」って思っていた。それは自分のことよりも世間のイメージを採用してるってことだなと。

 

ずっと分かっていたけど、改めて気づいたことがある。

私は一人の時間が好きだ。

そして、一人でいろいろ感じたり、内面を豊かにする時間がある「上で」、他のいわゆる盛り上がる楽しいことがしたいんだ。その基盤がないのに盛り上がることをしようとしても、なんか楽しいけど、なんか違うなあということになる。

 

幸せを感じる気持ちを思い出してみると、自転車に乗って季節を感じて自由を感じた時だったり、まあ好きな人と喋れたりとか。あと迷子になった時のわくわく感もあったり。一人旅でなんだか浸れた時とか、一人でカフェで本を読んでる時とか。それっていわゆる、定義されている分かりやすいものとは違ったりする(彼氏がいたら、とか、皆でわいわい、とか)。自分のこと、自分でみなきゃ。

 

あ、かといって「友達に会う」にもいろいろある。

私は、社会人になるまで友達と会うことが億劫でした。まあ遊べば楽しいんだけど行く気が起きない。

友達と会うことはサービスだと捉えていた。それは、友達を気持ち良くさせなくてはという無意識の使命感。なんだそりゃ。

でも、社会人になってすごい好きな人ができて、その人と会うのは楽しみだった!気持ちが軽かった!その時気づいた、友達と会うのってこんなに楽しいし力になるんだって。私軽やかな人すごい、好きだ。

 

あとあと、この前友達に会った時。

最近どう?と聞かれて、「楽しいよ!」って答えてる自分がいた。まだ、幸せって域にはいってないからもっと自分らしくなろうとは思っているけど、あ、私楽しいんじゃん!って思った。

で、そしたら「え、楽しいの!?」ってちょっと驚いた返事をもらった。単純に驚きという感じが伝わってきて、確かに同世代の友達、仕事のストレスで肌荒れとか体調不良とか(1年前は私もそうだった、発熱とか…)円形脱毛症になったりとかしてる人も多いからそれが当たり前みたいになってるけど、それは当たり前じゃないよー!

そして、最近何が楽しいかというと、すごい、大丈夫?って感じに思われるかもしれないけど、前より宇宙と仲良くなれている感じがするから!あ、これがこうなるんだ、とか。いろんなこと気持ち良いこと多いというか。宇宙に生きてるんだな!って実感するというか。もっともっと仲良くなりたい、自分の設定を知りたい、くるくる回っていって軽く軽くなっていきたいと思う。

辞めたこと、恐れ、もらったもの

f:id:starrainn:20170219221354j:plain

ひとつ趣味の場を辞めました。

好きな人もいたし、活動自体は興味があるのでスッキリという感じではないけれど。

辞めてから気づいたけど、私はその場所が嫌だった。

その場所に身をおきたくなかった。

なぜそんな心の中に土足で入ってくる?

なぜ恐い人がダメと言っているのに、ハードな感じで近づいてくる?

なぜ?

なぜ?

なんだか、思ってた以上にいろいろ湧き出てくるものがあった。

それを明らめていったら、私は「大切に扱ってほしかった」んだと気づいた。

そして自分より人を気持ち良くさせることを選択していたんだとも。

自分自身が、自分を大切にする選択、行動をしてなかったんだ。それが楽だったから。

 

 

あと、自分がありのままになるの、楽なのと同時に恐れも湧いてくる。

最近、自分は案外、気分屋で好き嫌いもあるんだなということが分かった。突拍子もないし。

でも、でもそれでも受け止める。その自分でやっていくぞ。

 

 

もらったもの。お金の話。

お金に関して悩んだことはそんななくて、でも、使い方がたぶん雑な気はしている。

で、今日おばあちゃん家に寄って、何があったわけでもないけど、お小遣いをもらった。

その時手にしたお札、その時の気持ち、大事に使おう、何かいいことに使おう、そういう、気持ちがたくさん詰まったお金という存在だった。もらったものはお金なんだけど、気持ちをもらった。それはまぎれもなく私を思ってのもので、それでなんだか、感慨深かった。

自分が稼いだお金に対して、そんな気持ちになったことはなかったなあ。(いや初めての時くらいはあったかも)。それで、自分のお金に対してもそういう目線でみていこうと考えています。

 

 

 

優しさ

なんだか湧きあがる気持ちがあったので。

 

すきだーすきだーー。

 

今日会社の上司が、すごく優しくしてくれて。

うまく言えないな、私に対して優しい気持ちを持って接してくれる。

最近職場で自然に過ごせるようになることが多くなってきてたのに、今日久しぶりにまた恐いというのが出てきた。(あ、ちなみに自然に過ごせると、いろいろうまくいく!仕事の能力も上がるし、人づきあいもあまり悩まない)

そういう時に、優しい気持ちで、変にフォローされるでも寄ってこられるでもなく、温かい気持ちを向けてくれる。その心遣いの、なんと嬉しいこと。

今までぎくしゃくしたこともあったし、もう心閉じられたな、とか、びびられたこともあったけれど、自分なりに誠意を持って接してきて良かった。良かったなあ。

 

あと、音楽活動のメンバーもすきだすきだー。

優しい気持ちを持って接してくれる。同じ優しさ。

心軽やかになる。

 

感謝!

つまみ食いも減った!応援もしてくれている!

個人的に小さい快進撃の連続なのです。

テンションのままに書きます。

 

つまみ食いも減った!

ここ1年、わりと、ずっと、食後にパンを食べるという生活を送っていました。

辞めればいいじゃんという感じですが、できなかった。

でね、これ、まあ「辞めよう」と決めて、辞めるというのも一つの手段。

けど、私は、ここ2日ほどの出来事ですが、「気づいたらつまみ食いに関心がない状態になっていた」んです。

 

なぜなら、満たされているからです!

今までは満たされていないから食べていた!その不安を解消するかのように。いや、分かっていたけれど、やっぱり本当にそうだったんだなーと。だって私無理してないし決めてもないけど、なんかお菓子ほしいって今までほど思わない。

それで、なんで、満たされているかというと、前の記事に書いた、音楽活動がうまくいったこと、そこで自分を出せたことが大きくて。あと、そこで今までよりもっと仲間と近づけたことが嬉しくて。なんだか、他のことがそこまで気にならない。嬉しくて、嬉しくて。

 

今日美容院に行ったのですが、そこでも嫌いなことは嫌い!と言える(映画の話です)気持ち良さ。

私、好きなものも好き好き言いたいけど、嫌いなものも嫌い嫌い言いたい方だったんだと改めて実感。

とても、気持ち良い。良い時間であった。

 

 

エステにも行ったのですが。

エステの担当してくれる人が、本当にいつも親身にかつバッサリといろいろ指摘してくれるのですが。

今日言われたことは、本当に最近の私の課題のことであった。

口癖「今はいいや」があって、私は、頭で分かっていても行動していないことが多いということ。

「そこじゃん!」て。

「現状を踏まえて、それで、進んでいくのと、何も知らずにただ進んでいくのどっちがどうだと思う?」

「例えば、美容院に行って、『あなたはこういう髪質で、こういう肌色で。だからこういう髪形がいいよ』って言われてそれでできた髪形に満足する?そうじゃなくて、自分でこうしたいっていうのがあってそのサポートとしての美容院だよね」と。

今の私の課題のようなものを客観的に見れた感じがした。応援を感じた。

 

 

もっともっと自分になろう。