読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辞めたこと、恐れ、もらったもの

f:id:starrainn:20170219221354j:plain

ひとつ趣味の場を辞めました。

好きな人もいたし、活動自体は興味があるのでスッキリという感じではないけれど。

辞めてから気づいたけど、私はその場所が嫌だった。

その場所に身をおきたくなかった。

なぜそんな心の中に土足で入ってくる?

なぜ恐い人がダメと言っているのに、ハードな感じで近づいてくる?

なぜ?

なぜ?

なんだか、思ってた以上にいろいろ湧き出てくるものがあった。

それを明らめていったら、私は「大切に扱ってほしかった」んだと気づいた。

そして自分より人を気持ち良くさせることを選択していたんだとも。

自分自身が、自分を大切にする選択、行動をしてなかったんだ。それが楽だったから。

 

 

あと、自分がありのままになるの、楽なのと同時に恐れも湧いてくる。

最近、自分は案外、気分屋で好き嫌いもあるんだなということが分かった。突拍子もないし。

でも、でもそれでも受け止める。その自分でやっていくぞ。

 

 

もらったもの。お金の話。

お金に関して悩んだことはそんななくて、でも、使い方がたぶん雑な気はしている。

で、今日おばあちゃん家に寄って、何があったわけでもないけど、お小遣いをもらった。

その時手にしたお札、その時の気持ち、大事に使おう、何かいいことに使おう、そういう、気持ちがたくさん詰まったお金という存在だった。もらったものはお金なんだけど、気持ちをもらった。それはまぎれもなく私を思ってのもので、それでなんだか、感慨深かった。

自分が稼いだお金に対して、そんな気持ちになったことはなかったなあ。(いや初めての時くらいはあったかも)。それで、自分のお金に対してもそういう目線でみていこうと考えています。