またやってしまった。

自分以上のことをしようとして、容量オーバーで、調子を崩して、結局もっと事態が悪くなるということ。

つい、自分を置いて、人を優先させ、人を心地良くさせたいと感覚をそちら寄りに行動してしまった。

完全に自分の容量を甘くみていた。

現実を明らかにみれてない。

まずは自分を立て直さねば。

人に優しくしたいと身を削って、でも、それはやはり見返りを求めていた。

「こんなに優しくしても、結局現実はこれか」というような絶望感。

余裕が無い感じ。そして別にその優しさを求められているわけでもない。

その人の問題を自分の問題のように、自分が頑張ったとして、意味が無い。その人の問題。

 

 

まあ、とは言っても、前よりずっとずっと優しい人たちに囲まれているので辛いわけではない。

同じ自分でも場所が違うとこんなに違うんだと思った。

調子を崩した自分でも、それをただただ肯定してくれる人がいる。肯定というか、「それも私」という感じで見ていてくれる感じ。「あ、そっか、ダメじゃないんだ」とそこで気づいた。

そして、それを自分でやっていかなくちゃ。

自分を知って、自分を元の調子に戻していこう。